借金返済できない 消費者金融

借金返済できない!消費者金融に借金700万⇒債務整理で楽になった

私は過去に約700万円の借金を抱えていました。

 

ごく普通の家庭を築きごく普通に生活をしていたつもりでしたが、家族に対して人様以上の生活を与える事が、幸せなのだと誤認していたんだと思います。何とも馬鹿な男でした。

 

給与と生活費とのバランスが、まったく噛み合っていない不足分を妻には内緒で消費者金融や信販系のカードで補っておりました。

 

そんな仮面生活も10年程で行き着くところ迄いってしまいました。完全な自転車操業状態だったので、翌月からの返済のめどがまったく立たなくなってしまいました。それまで一度も返済を滞った事は無かったのですが、翌月は完全に無理な状態でした。

 

返済を逃れる手段を色々と模索しましたが、まっとうな手段が一番だという事に気付き公的な手続きを選びました。自己破産と特定調停による債務整理の選択肢がありましたが、住宅ローンを抱えている兼ね合いで債務整理を選ぶしかありませんでした。

 

とにかく翌月の返済を停止するには裁判所に申し立てるしか手段がないので、まったく予備知識を持たないまま、休暇を取り裁判所に向かいました。

 

裁判所で、借金による債務整理をしたい旨を受け付けで話すと、丁寧な案内を受け、指示された場所に入ると、十数人の先客がおり、少し安心感を持ちました。

 

担当職員の指示を受け、まず行ったのは借り受けている相手先の正確な社名、所在地の記載です。私は困惑したのですが、全国の金融会社の一覧が記載された小冊子が閲覧出来る様に置いてありますので、難なくクリア出来ます。その後、債務件数に応じた印紙を購入し(一件数百円です)申し立てます。

 

次回の来所の期日を提示され、その日は終了でした。難なく手続き出来ます。最大の特徴は申し立ての受理日時と受理番号を債権者に伝えれば、全ての取り立て業務は停止するという事です。私は裁判所を出てすぐに全ての債権者に電話をしました。

 

どの債権者も、言葉荒げる事なく承知したとの受け答えでした。これにより、債務整理が合意に達し、その責務が発動するまで(私の場合は約3カ月)一切の返済が猶予されました。

 

その後2回、裁判所を訪れ、最終的に700万円の借金が380万円程になり、それを3年間で支払う事となりました。

 

債務整理のメリット、デメリットは多々あるかと思いますが、私にとって一番のメリットは3カ月間返済を逃れる事が出来た事です。本来、返済に充てなければならない金額がそのまま手元に残り生活を再建する事が出来ました。

 

今、思い起こせば、何事も逃げずに正式な手続きを踏めば救済してくれるシステムはあるんだと言う事です。